So-net無料ブログ作成

(ブログのタイトル)

(ブログの説明)
 

カテゴリー:ATP250

ブリスベン国際2015はフェデラーが優勝! [ATP250]

ブリスベン国際の決勝の結果は、

フェデラー決勝.png



フェデラー、ツアー1000勝だそうです!
シングルで1000勝したのは、過去に2人しかいない。
3人目の快挙♫

すごいですね〜

まだまだ負けそうにありません。

私は、ジェントルマンなフェデラーは好きなので、もっとがんばってほしいです。



ブリスベン国際 錦織圭ダブルス試合結果 [ATP250]

ブリスベン国際 錦織圭ダブルス決勝試合結果

錦織圭/A・ドルゴポロフvsJ・マレー/J・ピアーズ
6-3 7-6

残念。
錦織圭のダブルス決勝は、ストレート負けで準優勝。

女子シングルスの優勝は、マリア・シャラポバ(ロシア)。

すみません。シャラポバは好きではないので。。。


今、男子シングルスの決勝が行われています。

ロジャー・フェデラー(スイス)vsミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

現時点で、1セットオール。
いい試合です。

また、結果が出たらアップします。


ブリスベン国際 錦織圭準決勝試合結果 [ATP250]

ブリスベン国際 錦織圭準決勝試合結果

錦織ラオニッチ.png

いやいや悔しい。

錦織圭ブリスベン.png

錦織圭、ラオニッチに逆転負けをしてしまいました。

ラオニッチのサーブがどうしても、ブレイクできなかったですね。
196cmプラス腕の長さの高さから打たれるサーブは、尋常な速さではないですね。

ただ、体が大きい分、小技は効かないのですが。。。。

第2セットのタイブレイクで、錦織がダブルフォルトを出してしまったのが、
流れを変えてしまった原因の気がします。

20cm近い身長の差は、ちょいとイタいですね。



フェデラーディミトロフ.png

フェデラーは、まだまだいけますね。

決勝は、
ロジャー・フェデラー(スイス)vsミロシュ・ラオニッチ(カナダ)



ブリスベン国際 錦織圭試合結果 [ATP250]

ブリスベン国際 錦織圭の第3試合の結果

錦織圭.png


試合を見ていましたけど、危なげないところは全く無かったですね。

第1セットなんて、あっという間でした。トミックは、なにもできなかったですね。
やたらと首を傾げていたのが印象に残ってます。
『自分が1番だぜ!』なタイプのトミック、小さな日本人選手相手に何もできなかった
のが、歯がゆかったでしょうね。

背が高い選手は、サービスの威力はあるものの、そこをくずされると、
あせってしまう感がありますね。

いや〜観ていて物足りない試合ででした。
最近の錦織圭は、安心して観ていられます。

ハイライトはこちらから


その他の試合結果は、

ロジャー・フェデラー(スイス)vsジェームス・ダックワース(オーストラリア)
6-0 6-1
フェデラーは、まだまだいけますね。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)vsサム・グロス(オーストラリア)
7-6 3-6 7-6

ラオニッチ、ちょっと危なかったですね。

女子シングルス

私の好きなカーバーは、敗退。。。

準決勝の結果は、


アナ・イバノビッチ(セルビア)vsバーバラ・レプチェンコ(アメリカ)
7-6 6-4


<男子ダブルス

錦織圭/ドルゴポロフ(ウクライナ)vsディミトロフ(ブルガリア)/コキナキス(オーストラリア)
6-3 6-3

錦織圭、ダブルスは決勝ですよ!決勝進出!



ブリスベン国際 錦織圭試合結果 [ATP250]

ブリスベン国際 錦織圭試合結果

錦織圭の2回戦試合結果は、以下の通り。

錦織圭vsスティーブ・ジョンソン(アメリカ)
6-4 7-5
第2セットは、ゲームステータスを見ると、相手のジョンソンの方が
良かった。。。
ま、でも最近は2回戦は安心して観ていられます。


マーティン・クリザン(スロバキア)vsアレクサンダー・ドルゴポロフ(ウクライナ)
1-6 7-6(6) 7-6(7)
いい試合でしたね。
錦織圭のダブルスのパートナーだったので、応援していたのですが。

錦織圭のインタビュー



<男子ダブルス>

錦織圭/A・ドルゴポロフ(ウクライナvs L・ヒューイット(豪)/C・グッチオーネ(豪)
6-2 7-5
ダブルスも勝利して、3回戦進出!



ブリスベン国際 男子シングルス2回戦進出選手 [ATP250]

ブリスベン国際男子シングルス第1回戦突破選手は

ジョン・ミルマン(オーストラリア)
2回戦は、ロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。がんばれ!

ヤッコ・ニーミネン(フィンランド)
ジェームス・ダックワース(オーストラリア)

ジェレミー・シャーディー(フランス)
2回戦は、グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)と対戦。

マーティン・クリザン(スロバキア)
アレクサンダー・ドルゴポロフ(ウクライナ)

ルーカス・クボット(ポーランド)
サム・グロス(オーストラリア)

ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)
2回戦は、ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)と対戦。

サナシ・コキナキス(オーストラリア)
バーナード・トミック(オーストラリア)
オージー対決ですね。

スティーブ・ジョンソン(アメリカ)
2回戦は、錦織圭と対戦。

2013年の全豪オープンの時の試合です。


この動画から1年経って、
現在は、世界ランキング37位。
身長188cmとやっぱり錦織圭よりかなり高い。(身長を気にするのは私だけか?)

男子ダブルスにも錦織圭は出場しています。

アレクサンダー・ドルゴポロフ(ウクライナ)とペアを組んでいて、
1回戦は、6-4 3-6 10-6
と接戦でしたが、勝利。
2回戦は、オーストラリアチームヒューイット/グッチオーネと対戦。







ブリスベン国際の第1回戦結果 [ATP250]

ブリスベン国際の第1回戦の主な結果は以下の通り。


男子シングルス

ジェームス・ダックワース(オーストラリア)vsジル・シモン(フランス)
6-2 6-2

サナシ・コキナキス(オーストラリア)vsジュリアン・ベネトー(フランス)
6-4 6-3

ジェレミー・シャーディー(フランス)vsアンドリー・ゴルベブ(カザフスタン)
6-4 6-4


<女子シングルス

カーバー.png

カーバー順調に1回戦突破。
ダリア・ガブリロバ(ロシア)vsアリソン・リスケ(アメリカ)
7-5 6-3
予選から勝ち抜いたガブリロバが勝利!

エリーナ・スビトリナ(ウクライナ)vsマグダレナ・リバリコバ(スロバキア)
6-0 6-2




ブリスベン国際テニス 出場選手のドロー情報  [ATP250]

ブリスベン国際テニス
男子シングルスのドロー

シード1のロジャー・フェデラー(スイス)
シード2の錦織圭(日本)
錦織圭.png
シード3のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
シード4のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

は、1回戦は不戦勝。

1回戦の私の注目の試合は、
オーストラリアでの試合なので、オーストラリアの選手が多いですが、

その中でも、悪ガキで有名な、バーナード・トミック(オーストラリア)と
サム・クエリー(アメリカ)

世界ランキング56位と35位。
トミックの悪ガキぶりが試合に出るでしょうか?

女子シングルスのドローは、

シード1のマリア・シャラポバ(ロシア)
シード2のアナ・イバノビッチ(セルビア)

は、1回戦は不戦勝。

私の勝手な注目の1回戦は、

アンジェリーク・カーバー(ドイツ)vsキャロライン・ガルシア(フランス)

個人的に、カーバーが好きなので。。。


さ、いよいよ明日開幕です。



ブリスベン国際テニス 2015 出場選手は? [ATP250]

ブリスベン国際テニス(Brisbane International)

日程:2015年1月4日(日)〜1月11日(日)
開催場所:オーストラリア・ブリスベン

出場選手

男子シングルス

ロジャー・フェデラー(スイス)
錦織圭(日本)
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
ケビン・アンダーソン(南アフリカ)
ジル・シモン(フランス)
アレクサンダー・ドルゴポロフ(ウクライナ)
ジュリアン・ベネトー(フランス)
ユルゲン・メルツァー(オーストリア)
ジェレミー・シャーディー(フランス)
マーティン・クリザン(スロバキア)
サム・クエリー(アメリカ)
スティーブ・ジョンソン(アメリカ)
レイトン・ヒューイット(オーストラリア)
バーナード・トミック(オーストラリア)
ミカエル・ククシュキン(カザフスタン)
カルロス・バーロック(アルゼンチン)
ヤッコ・ニーミネン(フィンランド)
アンドリー・ゴルベブ(カザフスタン)
マリンコ・マトセビッチ(オーストラリア)
サム・グロス(オーストラリア)
ジョン・ミルマン(オーストラリア)
ジェームス・ダックワース(オーストラリア)

女子シングルス

マリア・シャラポバ(ロシア)
アナ・イバノビッチ(セルビア)
アンジェリーク・カーバー(ドイツ)
ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)
アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)
カルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)
ガビーネ・ムグルッツァ(スペイン)
サム・ストーサー(オーストラリア)
カロリナ・プリスコバ(チェコ)
サビーネ・リシッキ(ドイツ)
エリーナ・スビトリナ(ウクライナ)
マディソン・キーズ(アメリカ)
ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
カミラ・ギオルギ(イタリア)
ツベタナ・ピロンコバ(ブルガリア)
アリソン・リスケ(アメリカ)
マグダレナ・リバリコバ(スロバキア)
カイア・カネピ(エストニア)
クリスティナ・マクヘール(アメリカ)
キャロライン・ガルシア(フランス)

また、錦織圭の試合が観られます。
楽しみです。





ブリスベン国際 速報 [ATP250]

ブリスベン国際テニス2014の速報です。

もう〜〜〜悔しい。

錦織圭とヒューイットの試合ずーっと観てました。
ブリスベンというハンデを背負ってたのか。。

逆転負けです。2時間30分の激闘の末の逆転負けです。

錦織圭vsレイトン・ヒューイット
  7−5 4−6 3−6

第1セットは、
お互いサービスをセーブし、6ゲーム目のヒューイットのサービスをブレイク。
これで、錦織圭が1セット先取。
いやー、観る方も力はいりました。

第2セットは、
第1セットと同じように互角の戦いでした。
ほんとに手に汗握る試合。
で、5ゲーム目にブレイクされ、ギリギリでセットを落としました。
ここで、錦織圭は、プツッと集中力がきれたようでした。

第3セット目は、もう前の2セットの錦織圭とは
別人のようでした。
コート際を狙っても、まるで入らなかった。
1ゲーム目からブレイクされ、0−3になってしまい
もう、手遅れでした。

やはり、精神力って大事なんだなって、つくづく思いました。
これで、ヒューイットとの対戦は、0勝2敗。
やはり、苦手な相手なんでしょうか。

残念。


ロジャー・フェデラーvsジェレミー・シャーディー
  6−3 6−7 6−3

フェデラーは、観てて危なっかしいところがないですね。
1セットは取られましたが。。


image-1.jpeg


決勝は、フェデラー対ヒューイット。


楽しみです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。