So-net無料ブログ作成
検索選択

(ブログのタイトル)

(ブログの説明)
 

カテゴリー:ブリスベン国際

ブリスベン国際 ブログトップ

ブリスベン国際の決勝、錦織勝てるか? [ブリスベン国際]

今、ブリスベン国際の決勝を観ています。

錦織圭(日本)対グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

第1セットは、2−6で取られてしまいましたが、

第2セットは、5ゲーム目をブレイクして、3−2となりました!

6ゲームは、1分ちょっとであっさりラブゲーム!

7ゲーム目もブレイク!!
これで、5−2だ。

よっしゃ!第2セットをとりました。ラストゲームもラブゲーム。
すばらしい。

これで、ラストセットになります。

錦織、脇腹を痛めたようで、メディカルタイムアウトをとりました。

ちょっと心配。

第3セット開始。1−1

第6ゲームまでお互いのサーブをキープ。

第8ゲームで、ブレイクを許してしまった〜〜〜

第9ゲームをラブゲームで取られ、ディミトロフの優勝が決まりました。


brisbane open.JPG

残念でした。脇腹が痛くなければいいのですが。。

明日は、錦織はシドニーで、

FAST4 SHOWDOWN AUS vs WORLDというのに出場します。

オーストラリアの選手は、悪ガキニック・キリオス/バーナード・トミック
ワールドの選手は、錦織圭とラファエル・ナダルです。

全豪オープンは、1月16日から始まります。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 男子シングルス決勝 [ブリスベン国際]

ブリスベン国際の男子シングルス決勝が今終わりました。

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)vsロジャー・フェデラー(スイス)
  6−4 6−4

フェデラーを応援していたんですけど、残念。

195cmは、かなりのアドバンテージですよね。

1ゲームのブレイクで、勝負が決まってしまいました。

IMG_3287.JPG

さて、もうすぐ全豪オープンだ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 結果 [ブリスベン国際]

ブリスベン国際も終盤に入りました。

男子シングルス

準決勝

ロジャー・フェデラー(スイス)vsドミニク・ティエム(オーストリア)
  6−1 6−4

ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)vsバーナード・トミック(オーストラリア)
  7−6 7−6


女子シングルス

準決勝

ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)vsサマンサ・クロフォード(アメリカ)
  6−0 6−3

アンジェリーク・カーバー(ドイツ)vsカルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)
  6−2 6−3

決勝の結果

ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)vsアンジェリーク・カーバー(ドイツ)
  6−3 6−1

決勝のハイライトです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 錦織圭敗退 [ブリスベン国際]

あ〜もう悔しい〜〜〜

ブリスベン国際ベスト8で敗退。

バーナード・トミック(オーストラリア)vs錦織圭(日本)
  6−3 1−6 6−3

苦戦してましたね。

錦織圭は、いつもスロースタートですけど、
今回も。2セット目は、バッチリだったんですけどね。
3セット目は、4−1になった時に、ダメかな〜と思いましたが。。。
やっぱり、負けてしまいました。

終始、押されていたゲームでした。

全豪オープンは、がんばってほしい!

ハイライトは、こちらから。

タグ:錦織圭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 ベスト8 [ブリスベン国際]

ブリスベン国際は、ベスト8が揃いました。

男子シングルス

ロジャー・フェデラー(スイス)vsグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

マリン・チリッチ(クロアチア)vsドミニク・ティエム(オーストリア)

ルーカス・プイユ(フランス)vsミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

バーナード・トミック(オーストラリア)vs錦織圭(日本)

錦織圭は、いやな相手と戦いますね。
やんちゃ坊主の態度に、イライラしなければいいですが。
調子を狂わせられないように、祈ってます。

ダブルスも、ベスト4でがんばっています!

錦織圭の試合は、ラオニッチ対プイユの試合の後です。

女子シングルス

女子シングルスは、ベスト4が揃いました。

ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)vsサマンサ・クローフォード(アメリカ)

アンジェリーク・カーバー(ドイツ)vsカルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)

20160108-102021.png

カーバー、がんばれ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 錦織圭2回戦勝利! [ブリスベン国際]

ブリスベン国際の2回戦の結果です。

錦織圭(日本)vsミハイル・ククシュキン(カザフスタン)
  6−3 6−4
20160106-212614.png

マリン・チリッチ(クロアチア)vs ヘヨン・チャン(韓国)
  7−5 7−6

ドミニク・ティエム(オーストリア)vsデニス・クドラ(アメリカ)
  6−3 6−2


なんと、錦織圭はダブルスでも勝利し、ベスト4へ。
 
G. ディミトロフ/錦織圭vsP.エルベール/N.マユ
4−6 6−1 10ー7

シード1のエルベール/マユに大金星!

準決勝は、

G. ディミトロフ/錦織圭vsJ.ダックワース/C.グッチョーネ



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 2回戦のドロー [ブリスベン国際]

ブリスベン国際、1回戦が終わり、いよいよ錦織圭が2回戦で
出場。

2回戦のドローは、

ロジャー・フェデラー(スイス)vs トビアス・カムケ(ドイツ)

ビクトル・トロイツキ(セルビア)vsグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)

マリン・チリッチ(クロアチア)vs ヘヨン・チャン(韓国)

デニス・クドラ(アメリカ)vsドミニク・ティエム(オーストリア)

ダビド・ゴフィン(ベルギー)vsルーカス・プイユ(フランス)

イワン・ドディグ(クロアチア)vsミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

バーナード・トミック(オーストラリア)vsラデク・ステパネク(チェコ)

ミハイル・ククシュキン(カザフスタン)vs錦織圭(日本)

20160106-101532.png

ククシュキンとは、3戦3勝なので、相性はいい?
去年は、ベスト4まで残っているので、今年もがんばってほしい。


西岡良仁(日本)は、プイユに敗退。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際 女子シングルスドロー [ブリスベン国際]

ブリスベン国際
女子シングルスのドローは、

20160104-094532.png
20160104-094555.png
20160104-094620.png

女子シングルスには、日本人選手がいないので、
個人的に、アンジェリーク・カーバー(ドイツ)を応援します!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

ブリスベン国際テニス2016 ドロー [ブリスベン国際]

ブリスベン国際テニス2016 が始まりました。

開催日程は、2016年1月3日〜1月10日まで。

20160103-225240.png
20160103-225302.png

錦織圭は、シード2なので、1回戦は不戦勝。
2回戦は、
デニス・イストミン(ウズベキスタン)とミハイル・ククシュキン(カザフスタン)の
勝者と対戦。

シード1 ロジャー・フェデラー(スイス)
シード2 錦織圭(日本)
シード3 マリン・チリッチ(クロアチア)
シード4 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)

西岡良仁(日本)はルーカス・プイユ(フランス)と1回戦で対戦。


錦織、ここでいい結果を出して、全豪オープンに行けるといいですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

錦織圭 ブリスベン国際2016年 日程 [ブリスベン国際]

錦織圭 2016年最初の試合は、ブリスベン国際

20151221-230913.png

日程:2016年1月3日(日)〜1月10日(日)
場所:オーストラリア ブリスベン

<出場予定選手>

男子シングルス:

ロジャー・フェデラー(スイス)
錦織圭(日本)
マリン・チリッチ(クロアチア)
ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
ジル・シモン(フランス)
ダビド・ゴフィン(ベルギー)
バーナード・トミック(オーストラリア)
ドミニク・ティエム(オーストリア)
ビクトル・トロイツキ(セルビア)
グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
スティーブ・ジョンソン(アメリカ)


女子シングルス:

シモナ・ハレプ(ルーマニア)
ガルビネ・ムグルサ(スペイン)
マリア・シャラポバ(ロシア)
アンジェリーク・カーバー(ドイツ)
ティメア・バシンスキー(スイス)
カルラ・スアレス・ナバロ(スペイン)
ベリンダ・ベンチッチ(スイス)
ロベルタ・ビンチ(イタリア)
サラ・エラニ(イタリア)
エレナ・ヤンコビッチ(セルビア)



錦織圭は、去年はベスト4まで残りました。
ラオニッチに負けて、決勝に進めなかったので、
2016年は、ぜひ決勝までいってほしいですね。






ブリスベン国際 ブログトップ